ラグの用途とサイズについて | インナーラグ

全商品送料無料(北海道、沖縄・離島を除く)

TOP > ラグの用途とサイズについて

ラグの用途とサイズについて

ラグはカーペットより小さく、部屋の一部に敷くものを指します。家具のサイズや置き方を考え、お部屋に合ったサイズのラグを選びましょう。

ダイニング

ダイニングラグとされているものは、170cmまたは180cm×220cmと220cm×250cmがよくあるサイズです。ダイニングテーブルが余裕を持って置けるように、サイズを選びましょう。椅子をひくスペースとして、75cmずつは必要になります。

170cmまたは180cm×220cmは4人掛のダイニングテーブルに合ったサイズです。220cm×250cmは、6人掛テーブルに合ったサイズです。

リビング

リビング用は、部屋の広さとソファの置き方でラグのサイズが決まります。家具を全てラグの上に置くか、ソファ前にラグを敷くか、部屋のバランスとライフスタイルで選びましょう。

  • 130cm×190cm または 140cm×200cmは、2~3人掛のソファを一列置き、その前にラグを敷くスタイルに合うサイズです。一般的に最もよく使われるサイズです。ソファが3人掛けの場合には、長辺が200cmのタイプを選ぶ方が、バランスがよいです。
  • 1辺が180~200cmの正方形のサイズは、2~3人掛けのソファとリビングテーブルを全て、ラグの上に置くことができます。上記と同じ家具を使用した場合、こちらはリビングが、ゾーニングできます。3人掛けは、上記と同様に200cmある方が、バランスがよいです。
  • 190cm×240cm または 200cm×250cmは、2人掛けのソファと3人掛けのソファをL字型におき、真中にリビングテーブルを置く場合に使われるサイズです。広いリビングに適しています。

寝室

ベッドサイドにラグを敷くと、ベッドから降りた際に、足が冷たくなく快適に過ごせます。ベッドと同じ程度の長さのものがバランスがよいので、130cm×190cm または 140cm×200cmが使いやすいサイズです。

子供部屋

寝室と同様に、ベッドサイドに敷くのであれば、130cm×190cm または 140cm×200cmが使いやすいサイズです。勉強机の椅子をひく際に、ラグにあたらないか注意しましょう。

アクセント

部屋の一部にラグを敷くことで、たとえば単調なフローリングのみの床に、アクセントをつけることができます。空間を華やかに演出します。

ラグには、上記のような長方形や正方形の他に、丸型・楕円型・ビーンズ型などもあります。お部屋のアクセントとしてお使いいただけるほか、お部屋の形状によっては、配置しやすい場合もあります。丸型は、ソファ前に置くというよりは、家具のない床面の空いたスペースにお使いいただきやすいです。

商品数:0点 小計:0円
カートの中を見る
  • お電話でのご注文・お問い合わせ
  • 初めてのお客様へ
  • お問い合わせ
  • 安心セキュリティ