ラグの役割について | インナーラグ

全商品送料無料(北海道、沖縄・離島を除く)

TOP > ラグの役割について

ラグの役割について

室内では靴を履かない日本の暮らしでのラグの役割について、まとめています。ラグを敷くことによるメリットをみてみましょう。

保温効果

部屋の広い面にラグを敷くことで、底冷えを防ぎ、暖まった部屋を保温する効果があります。また、寒い時期に床に直に座ると冷たいですので、ラグの上で快適にお過ごしいただけます。

防音効果

特に、集合住宅にお住まいの方にとって、音問題は大きな悩みの種だと思います。お子様がいらっしゃるご家庭では、なおさら、お子様が動き回ることや、おもちゃを落とすことが多いので、心配されることが多いでしょう。ラグを敷くことによって、階下への足音などの生活音を軽減する効果があります。特に防音効果のあるタイプもあります。

ダイニングに敷く場合では、ダイニングチェアをひいたときの音の軽減対策にもなります。

フローリングなどの傷防止

ラグを敷くことで、物の落下などによるフローリングなどへの傷が防止できます。お子様のおもちゃ遊びでの床面への傷も、防ぐことできます。ダイニングに敷く場合には、ダイニングチェアをひいたときのフローリングへの傷の防止にもなります。

ゾーニング

広いLDで、ラグをダイニングのみ、リビングのみ、あるいは両方に敷くことで、視覚的に、ダイニングとリビングを分けて感じられるようになります。

また、リビングの一部に、子供の遊びスペースを設ける場合、ラグを敷くことで、フローリングの傷防止や保温効果・防音効果もありますが、遊びスペースの範囲を明確に分けることができます。どこまでがおもちゃを広げて遊ぶスペースか、親子でルールを決めやすくなります。片付けがしやすい環境つくりができます。

アクセント

部屋の一部にラグを敷くことで、たとえば単調なフローリングのみの床に、アクセントをつけることができます。空間を華やかに演出します。

ダイニング用とは

ダイニングへラグを敷かれるご家庭は少ないですが、ここまでに書いたようなメリットがあり、ダイニングはラグを敷くことをおススメしたい場所です。ダイニング用のラグは、ダイニングで使いやすく作られているタイプで、リビングでもお使いいただけます。

ダイニング用と書かれているタイプは、撥水加工がされたナイロン製のものが多く、水や汚れに強い仕様で、お手入れがしやすくなっています。毛足の短いループ加工で、遊び毛も出にくいので、ダイニングチェアも引きやすく作られています。

商品数:0点 小計:0円
カートの中を見る
  • お電話でのご注文・お問い合わせ
  • 初めてのお客様へ
  • お問い合わせ
  • 安心セキュリティ